看護師

東京都内の美容外科クリニック|理想のワタシに大変身

  1. ホーム
  2. 整形後の言い訳

整形後の言い訳

カウンセリング

東京の美容外科クリニックでは、二重整形施術を受けることができます。この施術は近頃一般的になってきています。一般的にはなってきてはいますが、それでも整形を受けたことは周りにばれたくないと思われている人も少なくありません。もし整形後にばれそうになった時の言い訳も考えておいた方が良いでしょう。言い訳としては、施術後の状態によって使い分けた方が良いといえます。少し腫れている場合は、前日に親や彼氏と喧嘩をした、ドラマを見て泣いてしまったなどの言い訳が使えます。ドラマを見て泣いていた言い訳をする場合は「何のドラマ?」という返しに答えられるようにしておきましょう。また、瞼の腫れが目立つ場合は、アイプチが合わなかったという言い訳が使えます。アイプチが合わないから腫れるということはあるのと思われる方もいます。実際に使用している人の中に、肌に合わなくて、かぶれて腫れてしまったという人もいたようです。ですので、アイプチを使った言い訳が使えるでしょう。言い訳も使えますが、濃いメイクでごまかすこともできますし、メガネをかけて隠すこともできます。いくら言い訳や腫れを隠しても、しつこく聞いてくる人もいるでしょう。その時に、信用できる相手なら本当のことを話しても良いでしょう。それでも、本当のことを話したくないという人もいます。また、その人がしつこく聞いてくる方もいるでしょう。そのような場合は、最近なぜか目の調子が悪いなど自分でも原因が分からないと伝えておけば、それ以上突っ込んでくることはほとんどありません。

二重整形を行なう際に、誰にもばれずに施術をしたいと考えている人は多くいます。そのような場合は、施術を受けるクリニックに前もって伝えておくようにしましょう。東京にある美容外科クリニックでは、患者さんの要望に沿った施術を行なってくれます。施術後の瞼が腫れにくいようにしてほしい、自然な目元に仕上げたい、糸の結び目がポコっと出ないようにしてほしいなど伝えておきましょう。施術を受けた後でも、気付かれるということはほとんどありません。また、目を大きく見せるために二重幅を広くしてほしいという方もいます。ですが、広すぎてしまうとぼやけた印象の目元になります。さらに、その二重が不自然に見えてしまいばれてしまいやすいです。施術前に美容外科クリニックの医師との打ち合わせは念入りにしておきましょう。また、施術内容によっては、ダウンタイムが少ない施術があります。その施術としては、プチ整形手術になります。メスを使用した施術ではないので、瞼が腫れるということはほとんどありません。少しずつ効果が出てくるので、自然に二重瞼を作ることができます。そのため、周りの人たちに施術を受けたことがばれる可能性は低いといえます。目を閉じた際のぽこっとした糸の結び目も出ません。目を閉じていても、目を開けていても違和感のない目元に仕上げてくれるでしょう。ばれずに二重瞼を手に入れるのであれば、プチ整形施術を受けましょう。プチ整形手術で、二重瞼施術を受ける方は多いです。一般的な施術となると、東京にある美容外科で手術を受けた場合入院しないといけないこともあります。しかし、プチ整形手術であれば施術を受けたその日で自宅に帰ることができます。東京都内で二重施術を考えているのであれば、プチ整形施術を受けましょう。この施術であれば、周りに気付かれる心配はありません。