看護師

東京都内の美容外科クリニック|理想のワタシに大変身

  1. ホーム
  2. ほうれい線を消す施術

ほうれい線を消す施術

ウーマン

ほうれい線に悩む女性は多いです。ほうれい線があることによって、老けた印象を与えてしまいます。ほうれい線とは、鼻の両脇から口角に入るしわのことです。なぜこのしわが出るのかというと、コラーゲンなどの量が減少してしまい、肌のハリがなくなってしまい現れてしまいます。また、乾燥肌で皮膚の保湿力が失われてしまい、ほうれい線などのしわが深くなってしまいます。ほうれい線が出る前にしっかりスキンケアで防がなくてはなりません。しかし、もう既にほうれい線があると悩む方もいるでしょう。ほうれい線が出ても、正しくスキンケア、食生活などで改善できることもあります。また、ほうれい線に効果的なサプリや化粧品など色々あります。それに手を出してみたけど、あまり効果が感じられないという人もいます。ほうれい線の悩みを抱えているのであれば、東京都内にある美容外科クリニックで施術を受けて改善することができます。東京にある美容外科クリニックでは、ほうれい線を消すための施術として、注射を使用した方法になります。注射注入による施術には、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタがあります。この3つの施術はどういった効果があるのか調べてみましょう。コラーゲン注射は、ほうれい線を消してくれるだけじゃなく、たるみも改善してくれます。さらに、肌の弾力を取り戻すことができ、若々しさを取り戻すことができるでしょう。2つ目の施術はヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は、保湿力の高い成分なのでみずみずしい肌を取り戻すことができ、キメ細やかな肌質にしてくれます。即効性が高いのが特徴で、ほうれい線を改善するだけでなく、ふっくらした肌に仕上げてくれるでしょう。3つ目のプラセンタ注入は、肌荒れ、くすみ、ニキビなどにも効果があるとされています。また、肌細胞の代謝を良くしてくれる働きもあり、肌が生まれ変わっていきます。さらに、肌だけじゃなく健康面にも効果があるとされているようです。現在、ほうれい線に悩まされているという方は、対応している東京都内にある美容外科クリニックを探してみましょう。

東京にある美容外科クリニックの施術を受ける前に、頭に入れておかないといけないことがあります。それは、効果の持続期間です。ほうれい線を消してくれる、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ注入施術はずっと効果があるわけではありません。また、時間が経過するとともに体内に吸収されてしまいます。そのため、持続する期間としては半年から1年くらいになります。効果を持続させるためには、2回目の施術を受けなくてはなりません。受けるタイミングとしては、担当の医師と話し合ってから行うようにしましょう。違う美容外科クリニックで施術を受けるのではなく、最初受けたところで施術を受ける必要があります。