Get the Beauty

東京都内の美容外科クリニック|理想のワタシに大変身

ほうれい線を消す施術

ウーマン

東京都内にある美容外科クリニックでは、ほうれい線をけしてくれる施術を行っています。コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ注入をすることで改善することができます。大掛かりな施術ではないので、体への負担はほとんどありません。

手術を受ける前に

ドクター

くっきり二重になるために、整形手術を受ける人は多くいます。この二重整形手術は、東京都内にある美容外科クリニックで受けることができます。施術を受ける前に、二重整形について知識をつけましょう。

保険が適用されない

レディ

長年の悩みやコンプレックスを解決してくれる整形施術は、東京都内の美容外科クリニックで受けられます。東京都内には施術の名医が多く集結しており、技術力、施術知識、経験などを積んだ医師が対応してくれます。そのため、都内以外からも多くの患者さんが利用されています。施術を受けたいけど、保険って利用できるのと思われている方もいるでしょう。基本的に健康保険は利用することはできません。その理由としては、美容整形は病気ではなく、見た目を改善するという施術だからだといえます。病気の場合は、治療をしないと悪化してしまい、危険な状態になることもあります。健康上に支障が出る場合は、保険が適用され、治療を受けることができるのです。ですが、美容目的である整形施術であっても保険が適用されるケースもあります。保険が適用されるケースとしては、眼瞼下垂やホクロ除去、逆さまつ毛、眼瞼外反の際になります。眼瞼下垂は、瞼が開きにくい症状です。原因としては、アレルギーや白内障手術、パソコンを長時間使用などがきっかけで起きてしまいます。これを改善するためには治療をしなくてはなりません。そのため、保険が適用されるのです。また、ホクロ除去となると美容目的と思われる方も多いでしょう。しかし、ホクロには悪性のものがあります。悪性と診断された場合は、健康保険として施術を受けることができます。逆さまつ毛だけは、別になんとも思わない方もいるでしょう。しかし、逆さまつ毛をそのままにしておくと、それが原因で眼球を傷つけてしまう恐れがあります。ですので、逆さまつ毛は改善しなくてはなりません。目瞼外反は、目の下が酷くたるんだ状態になります。まぶたが外側に反転してしまい、それによって涙目や充血を引き起こしてしまうのです。これらの治療以外でも、適用される場合もあるので、美容外科クリニックで相談してみましょう。

保険や費用に関することは、直接クリニックに相談した方が良いと言えます。その際に気をつけてほしいポイントとしては、話を聞いていない、メリットばかり話してくる、トータル費用を明確にしてくれない、デメリット・アフターフォローの話がない場合は注意した方が良いでしょう。これに当てはまった場合は、そこで施術を受けずに、違うところを利用した方が良いでしょう。

整形後の言い訳

カウンセリング

施術後にもし気付かれた時のために、言い訳を考えておきましょう。また、ばれにくいような施術を行なうことも大切です。東京の美容外科クリニックでは要望に沿った施術を行なってくれます。